大天后宮─寧靖王府

   
地址 台南市中西區永福路二段227巷18號
營業時間 9:00 ~ 17:00
電話 (06)2211178

 
大天后宮は延平郡王の監軍また明太祖九代目の後裔の朱術貴と施琅(しらん)に影響されていました。放浪していた20年ぐらい、台湾に来て、鄭氏家族を頼り明王朝に戻りたいという希望を持ち続けていました。明の永曆十八年に、鄭経は朱術貴のため、寧靖王府を建て、また「一元子園(朱術貴の別名)」と呼ばれました。その後、鄭氏家族は投降し、明王朝の一員の朱術貴は自らも命を絶ちました。

施琅(しらん)と大天后宮

施琅は鄭成功の部下で、清に投降しました。清王朝は施琅のことを信じていませんでしたが、清の軍隊は海戦が得意ではなく、鄭氏家族の戦略も詳しく解りませんでしたので、結局台湾と対戦するために施琅に頼りました。明の永曆三十七年に鄭克塽が投降し、施琅は台湾に来たため、寧靖王の朱術貴は自殺しました。清の軍隊は台湾に来て、媽祖(航海の守護神)を助け、施琅は寧靖王府を改めて大天后宮となり、媽祖を祀りました。施琅が促進してから、台湾では初官祀天后宮(官吏が参拝する廟で、昔には一般人が参拝することができない)となりました。また大天后宮と呼ばれています。

大天后宮(寧靖王府)

大天后宮(寧靖王府)

大天后宮(寧靖王府)

大天后宮(寧靖王府)

大天后宮(寧靖王府)

大天后宮(寧靖王府)

大天后宮(寧靖王府)

大天后宮(寧靖王府)

大天后宮(寧靖王府)

大天后宮(寧靖王府)

大天后宮(寧靖王府)

大天后宮(寧靖王府)

Leave your comments

Post comment as a guest

0
terms and condition.

Comments