安平運河海關

安平運河海關

原台南安平運河の税関

   
住所 台南市安平區安平路97之15號

 
安平運河の綺麗な歩道を散歩しましょう。芝生に美しい夕日が映ります。

Add a comment
0
夕遊出張所

夕遊出張所

旧台湾総督府専売局台南支局安平分室
発音: シーヨウチュヂャンスォ

   
住所 台南市安平區古堡街196號
営業時間 10:00 ~ 18:00
10:00 ~ 19:00(土日祝)
電話番号 (06)3911088
ホームぺージのアクセス www.sio-house.com.tw
定休日

 
「夕遊」シリーズの観光スポットは夕遊出張所、夕遊日式宿舍、北門井仔脚瓦盤塩田、夕遊塩楽活村の4か所です。昔の塩販売局(日本の専売公社)から塩をテーマにした観光スポットになりました。

Add a comment
0
夕遊靜泊館

夕遊靜泊館

裕仁皇太子台湾行啓時の宿泊施設
発音: シーヨウギンポォグァン

   
住所 台南市安平區安北路223巷1弄12號
(東興洋行の向こう左側にある)
営業時間 9:30 ~ 17:30
電話番号 (06)2226181
ホームぺージのアクセス www.sio-house.com.tw
定休日

 
西暦1917年にこの日本風の宿舎は建てられ約百年の歴史があります。大正十二年(西暦1923年)に、裕仁皇太子が台南に塩田、製塩工場塩専売局を訪問された際、その近くに建てられた宿泊施設が、現在の「夕遊靜泊館」になりました。

Add a comment
0

成功大学の成功キャンパスの成大博物館

   
台南市大學路1號成功校區
10:00 ~ 17:00
(06)2757575#63020
ホームページ http://museum.ncku.edu.tw/home.php?Lang=zh-tw
定休日 月曜日、台湾の春祭り閉じました


日本統治時代「台南高等工業学校」は台湾総督府により開校され、台湾総督府が直轄した学校の3か所のうちの一つです。1971年に「国立成功大学」と改称されました。台南高等工業学校の校舎は国立成功大学博物館(略称成大博物館)を改造しました。民国88年(1999年)11月19日に日本統治時代に作られた本館(現在の成大博物館)、講堂(現在の大格致堂)、理化学実験室と図書館(現在の成功大学物理学科の会館)は古跡に指定されました。

Add a comment
0

成功大学光復キャンパスの礼賢堂

   
地址 台南市東區大學路1號
電話 (06)2757575

 
成功大学光復キャンパスの礼賢堂は1911年に日本軍の第二連隊本部(第一は台北)として建造されました。戦後、この建物は中華民国国軍(略称国軍)の司令部としても使用されていました。

1968年6月に修繕され、海外から帰国した学者や教授の宿舎となりました。今は成功大学の芸術研究所の会館として使われています。

Add a comment
0

成功大学光復キャンパスの大成館

   
住所 台南市東區大學路1號
電話番号 (06)2757575

 
成功大学光復キャンパスの大成館は1911年に日本軍の第二連隊本部(第一は台北)として建造されました。戦後、この建物は中華民国国軍(略称国軍)にも使用されました。その後この建物は1968年6月に修繕され、行政センターとして使われ孔子の名前から「大成館」と改称されました。また成大(成功大学)の校名にも似てます。

Add a comment
0

南門電影書院

   
住所 台南市中西區南門路38號
営業時間 10:00 ~ 12:30
13:30 ~ 17:30
電話番号 (06)215-0851
ホームページ 南門電影書院
定休日 月曜日

 
台南の大南門にある台南放送局は日本統治時代には台湾で一番南に位置する放送局でした、戦後、「中広台南台」と名称をを変更されました。現在は「南門電影書院」とさらに改称され、映画についての活動、展覧会などがよく行われています。周りには、多くの洋風建物があり、公園の一角にある中国風の南門電影書院は人目を引いています。

Add a comment
0

国立台湾文学館(旧台南州廳)

   
住所 台南市中西區中正路1號
営業時間 9:00 ~ 18:00(火水木日)
9:00 ~ 21:00(金土)
電話番号 (06)2217201
ホームページ http://www.nmtl.gov.tw/
定休日 月曜日

 台湾文学館は、日本統治時代に台南州庁として建設されました。台湾総督府の技師森山松之助(もりやままつのすけ)が設計しました。外観はマンサード屋根の欧風洋館で古典的な雰囲気を醸し出しています。内部は華やかな欧風のドームで、石柱、壁、廊下にはそれぞれ豊富なデザインが描かれています。戦争により壊れた部分を何度も修復し、2003年10月に再開されました。台湾文学館は、台湾で最初の国家の文学博物館で、展示物を収蔵、保存し研究するだけではなく、展覧会などの活動なども行われ、文化の発展に寄与すべく、文学についての紹介をしています。

Add a comment
0

林百貨-南台湾初のエレベーター付きデパート

   
住所 台南市中西區忠義路二段63號
営業時間 11:00 ~ 22:00
電話番号 (06)2213000
ホームページ www.hayashi.com.tw
定休日

 
日本統治時代の林百貨は台南では唯一のエレベーター付き建物でした、当時台北の菊元百貨と並び、台湾では有名なエレベーター付デパートです。 戦後、長い間に使われていませんでしたが2014年6月、三年間に及ぶ改修が施され、台湾で初の古跡から改装されたクリエイティブアートのデパートしてリニューアルオープンしました。

Add a comment
0

土地銀行-元日本勧業銀行の台南支店

   
住所 臺南市中西區中正路28號
営業時間 09:00 ~ 15:30
電話番号 (06)2265211
定休日 土曜日、日曜日

 
現在の台湾土地銀行は日本統治時代の日本勧業銀行台南支店です。この建物は銀行が自ら設計し、東京の清水建設が施工しました。戦後、この建物は台湾土地銀行になりました。この建物の南側と西側に騎楼(街の商店街などで、二階以上の建物の一階部分の道路に面した通路が歩道として開放されている建物のこと)があり、エジプトの神殿のようなポルチコ様式が採用されました。柱はドーリア式の形で、上部には20個のくぼんだ部分があり、柱頭は3種類の花柄があります。しかし、柱脚にはありません。南側に柱は8本がありますが。その左右は厚い壁になっているので閉塞感と平板な感じがしないように上の部分に尖頭アーチ式の窓が造られました。西側の壁の上部にも尖頭アーチ式の窓があり、下部にはフラットアーチ式の窓があります。隅にある2本の柱は厚い壁のすぐ隣にあります。その庇の部分に菊の柄と「卍」の字が飾られています。柱頭の上部には日本の福神の顔も飾られています。柱廊の天井は四角形になり、上部には多くの線が描かれ、中央には菊の浮き彫りの細工が施されております。

Add a comment
0