兌悅門

   
地址 台南市中西區文賢路68號
(文賢路と信義街の交差点にある)

 
兌悅門は台南府城大西門外壁中央の城門の一つで、今でも使われています。兌悅門の位置は八卦(はっか-古代中国から伝わる易における8つの基本図像)の兌方(西側)という位置で、兌悅門と呼ばれています。この門は老古石で作られるので、「老古石門」とも呼ばれています。また「甕城」とも呼ばれています。

門には「道光十五年」と刻まれています。昔、兌悅門は老古石街を通る時の一番大切な門で、現在では信義街から文賢路を通るとにあります。台南の多くの城門で唯一今でも使われている城門です。上にある部屋はもうなくなり、城壁も住民に使われいますが、古い城門独特の雰囲気はまだ残っています。特に夕方にこの城門を見ると、歴史の重さを感じます。

兌悅門は城西外で唯一残っている城門で、今でも使われています。

兌稅門

兌稅門

兌稅門

 

兌悅門の基礎ブロックは琉球石灰岩(りゅうきゅうせっかいがん)を使い、その上には赤レンガが積まれ、中は版築(はんちく)で、壁の隅は花崗岩(かこうがん)で補強しています。

琉球石灰岩は海で死んだサンゴや貝類などの生物の殻が堆積してできたもので、中国語では「老古石」と呼ばれます。昔台湾では琉球石灰岩は、建築材料としてよく使われていました。

兌稅門

 

兌悅門は台南の長い歴史の変化を見守ってきました。

兌稅門

Leave your comments

Post comment as a guest

0
terms and condition.

Comments