東門城垣の跡&小西門

   
地址 台南市東區大學路1號
成功大学光復キャンパスの中にある

 
台南はオランダ時期のProvintia (プロヴィンティア城)、鄭成功が統治した時代は東都、鄭経が統治した時代は東寧と何度も名前が変わり、集落から都会になりました。清時代以後、台湾府はまだ台南にあり、駐屯地も台南に設置されていました。当時の台南では商人が多く、富裕な町でした。普通は軍隊があれば、城もあるはずです。しかし康熙皇帝は城を建てず、大きな事件があると中国から軍隊を派遣して解決するという方法で台湾を統治しました。

清時代以後、大きな事件があると必ず中国から軍隊を派遣して解決しました。いろいろな事件があって、やっと雍正時代に城を建て、防衛することができるようになりました。日本統治時代には都市計画により城を取り壊しました。今元の場所に残った城門は大南門城(寧南門)、南門城の跡、東門城の跡と大東門城(迎春門)で、また残った城門の小西門は圓環の近くから大東門城の隣に移動しました。

 東門城垣殘跡&小西門

 東門城垣殘跡&小西門

 東門城垣殘跡&小西門

 東門城垣殘跡&小西門

 東門城垣殘跡&小西門

  東門城垣殘跡&小西門

 東門城垣殘跡&小西門

 東門城垣殘跡&小西門

 東門城垣殘跡&小西門

 東門城垣殘跡&小西門

 東門城垣殘跡&小西門

 東門城垣殘跡&小西門

 東門城垣殘跡&小西門

 東門城垣殘跡&小西門

 東門城垣殘跡&小西門

Leave your comments

Post comment as a guest

0
terms and condition.

Comments