海老巻き / 蝦捲


サクサクとした海老巻きのレシピは中国福州の兵士が台湾に持ってきたものです。台南はオランダの統治時代から漁港があったおかけで漁業が発達していました。しかし、季節や天候の変化により漁獲量が少ないときも、漁獲量が多いときもあります。量が多すぎるときは売れ残った魚肉は魚のすり身を作って、エビ、キャベツ、セロリ、挽肉などの食材と一緒に混ぜて、豚のハラミ肉に包んで揚げます。


豚のハラミは高温で揚げると肉の脂が溶けて中まで滲みます。わさびと台湾のとろみ醬油で作ったタレをつけるともっと美味しくなります。

台南の名物の牡蠣巻きはほかのところではあまり食べられませんので台南に来たときはぜひ食べてみてください。