夕遊靜泊館

夕遊靜泊館

裕仁皇太子台湾行啓時の宿泊施設
発音: シーヨウギンポォグァン

   
住所 台南市安平區安北路223巷1弄12號
(東興洋行の向こう左側にある)
営業時間 9:30 ~ 17:30
電話番号 (06)2226181
ホームぺージのアクセス www.sio-house.com.tw
定休日

 
西暦1917年にこの日本風の宿舎は建てられ約百年の歴史があります。大正十二年(西暦1923年)に、裕仁皇太子が台南に塩田、製塩工場塩専売局を訪問された際、その近くに建てられた宿泊施設が、現在の「夕遊靜泊館」になりました。

夕遊靜泊館

夕遊靜泊館

夕遊靜泊館

 

夕遊日式宿舍は現在でも元の間取りと部屋の外観を保存し窓なども変わりありません。窓に日本統治時代から残された釘も見えます。庇と垣の近くにある銅管は蒸し暑い台湾の気候に対応するために作ったものです。建物本体の杉の柱と梁は桧の木を変更したのは、長く使えるようにしたためです。部屋の中に玄関、寝間、台所、食堂、居間、廊下、風呂と便所が全部現存しています。

夕遊靜泊館

 

垣の外にある防空壕は第二次世界大戦時に作られたもので、日本のレンガで作られています。この宿舎の位置は海から近いですから、入口の右側にある垣は老古石(死んだサンゴや貝類などの生物の殻が堆積してできたもの)で作られました。日本の統治時代が終りその後は台湾製塩会社の寮として使われていました。

 

ここでは誕生日を代表するカラフルな塩と願望を書いた紙を瓶に入れて祈りをするセットが売られています。またカラフルな塩を綺麗な瓶に入れる体験をすることもできます

夕遊靜泊館

夕遊靜泊館

 

夕遊北門井仔腳
現存する最古の瓦盤塩田遺跡で、338年間の製塩の歴史があります。日本統治時代には皇室専用の塩を生産していました。
住所 台南市北門區永華里西南郊井仔脚復育塩田
電話番号  (06)7861629
 
夕遊七股樂活村
塩を干す体験や塩漬けの体験もできます。
住所 台南市七股區塩埕里塩埕99號
電話番号  (06)7801226
 
安平夕遊出張所
旧塩専売局:日本統治時代に塩の研究、販売をしていたところです。
住所 台南市安平區古堡街196號
電話番号 (06)3911088
 
夕遊靜泊館
裕仁皇太子台湾行啓時の宿泊施設
住所 台南市安平區古堡街196號
電話番号 (06)3911088
   

 

Leave your comments

Post comment as a guest

0
terms and condition.

Comments