台湾の伝統的な民家

この二つの街は伝統的な住居地区です。たくさん剣獅がこの中に隠れています。歳月が流れても過去の繁栄に戻れませんでしたが、ゆっくりと歩いて見ると、過去の栄光が垣間見れるようになります。また屋根や街角で思わず興味深いものを発見するかもしれません。

民家の形 

一條龍 (イーティァォロン)

  • 1. 「一」の字のような形で、基本的な民家の形状になります。
  • 2. 真中が入口です。入口から入ると正廳(リビングのような空間)になり、接客したり、先祖と神像を祀るところです。
  • 3. 建物正面から見て右側にある部屋は家族で一番の地位の人が使う部屋で、左側にある部屋は家族で二番目の地位の人が使う部屋です。
  • 4. 家の中に廊下があり、外に出なくてもほかの部屋に行けます。
  • 5. 家族が増えたら、両側へと建物を追加します。

 

 

單伸手 (ダンシェンショウ)

  • 1. 母屋の左側に垂直方向にもう一つの建物があります。
  • 2. 普通は正廳の左側に建物を建てます(「左」は崇高と言われています)。このような形状は、人が片側の上肢を挙げるのに似ていることから、「單伸手(片側の上肢という意味)」と呼ばれます。

 

 

 

 

 

 

三合院 (サンホウユェン)

  • 1. 母屋の垂直方向の両側に建物があり、これは農村でよく見かけるタイプです。
  • 2. 建物の前にある広場は「埕(チォウ)」、「稻埕(ダオチォウ)」と呼ばれ、多用途なことに使われます。

 

 

 

 

 

 

 

四合院 (スーホウユェン)

  • 三合院(サンホウユェン)の前にもう一つの建物を造るのはお金持ちがよくこのような家を作りました。

多護龍合院 (ドウフーロンホウユェン)

  • 1. 三合院(サンホウユェン)や四合院(スーホウユェン)の両側にたくさんの建物を作ります。
  • 2. 家族の年長者は中央の近い建物を使い、若年者は外側の建物を使います。

 

 

独特な部分 

山牆 (シャンチィァン)

妻側(側面)の上部にある三角形の部分です。
註:場所によっては山牆が屋根より高いものがあります。これは風火山牆(フォンフォシャンチィァン)で、防火機能があります。

 

鳥踏 (ニィァォター)

「鳥踏」とは「山牆」より突き出ている部分です。よくあるのは「一」字の形と「凸」字の形の二種類です。壁に雨がかからず、窓からも水が入らないという効果があります。また鳥類が休憩できるところになりますので、「鳥踏(鳥が踏むところという意味)」とも呼ばれます。

 

懸魚 (シュェンユー)

昔の山牆(シャンチィァン)は魚の図案で、火を避けるという意味があります。そして図案は魚から雲、花、蝶、書巻(しょかん)、人物など様々なものになりました。

棟木と妻梁の交差する部分によくある飾り物は「燕尾(イェンウェイ)」、「馬背(マーベイ)」と「瓦鎮(ウァヂェン)」です。伝統的に「燕尾」は廟と官吏の家で使われ、「馬背」と「瓦鎮」は一般民家で使われましたが、「馬背」は「瓦鎮」より早くから使われましたので、大規模の民家は馬背を使いました。また一般民家は悪運を避けるためよく小さな瓦鎮を使いました。

 

燕尾 (イェンウェイ)

棟木の両側は上方に曲がり、ツバメの尻尾のような形をしている部分が燕尾(イェンウェイ)です。燕尾は廟だけに使われ、神聖な場所を犯すことはできないことを表します。民間で官吏や科挙(官吏登用試験)に合格した人たちだけ燕尾を使うことが許されました。ですからこれは社会的地位を表わしています。昔中国から移民で来た人たちは政府より力が強かったので、金持ちの人たちは自分の家に燕尾を作り、自らの社会的地位と社会的権威を誇示しました。

 

馬背 (マーベイ)

馬背の形は五行思想(ごぎょうしそう)から来ました。「商人は金が好き、職人は木が好き、農夫は水が好き、官吏は火が好き,地主は土地が好き」という言い方があります。なので、建物を建てる時、必ず風水と地理関係を考え、家族の四柱推命(しちゅうすいめい)に合わせて、運がよくなる建物を造ります。建て方は時として地域や宗族にも影響されます。

 

 

瓦鎮 (ウァヂェン)

伝統な民家は末期には馬背(マーベイ)ではなく瓦鎮に代わりました。「瓦鎮」とは家の災禍を祓い消し、鎮めるというものです。瓦鎮は小さいですから、よく一條龍(イーティァォロン)の民家や三合院(サンホウユェン)などに使われ、大きな家では使いませんでした。瓦鎮は日本統治時代に発明され、台湾しか使わないものでした。金持の人たちの民家は馬背を使い、一般民家は瓦鎮を使いました。

 本圖引用自 https://lms.ctl.cyut.edu.tw/9820104/doc/56225

Leave your comments

Post comment as a guest

0
terms and condition.

Comments