劍獅 鄭成功を記念する厄除けもの

この二つの街は伝統的な住居地区です。たくさん剣獅がこの中に隠れています。歳月が流れても過去の繁栄に戻れませんでしたが、ゆっくりと歩いて見ると、過去の栄光が垣間見れるようになります。また屋根や街角で思わず興味深いものを発見するかもしれません。

鄭成功を記念する厄除けもの

昔の安平は三面が海に面している地形で、土地も狭く、家を建てられる場所は限られていました。家を立てるには、風水が悪いので、獅面(獅子の顔) 、太極(たいきょく)、刀劍屏(刀剣で作った屏風)、照牆(入口に壁を設けていること)、風獅爺(シーサー)などの悪い運を避けるものが使われました。

西暦1661年に鄭成功は来台しました。当時の鄭成功の軍隊が使った盾に「獅面」が書いてありました。それを平日には壁に掛け、刀剣は獅子の口にくわえ、まるで獅子が剣を咬んでるみたいでした。盗賊はこれを見たら、武士の家ということが分かり、この家に入りませんでした。そしてだんだんと一般庶民も「獅面」を掛けて、盗賊から身を守りました。清王朝は台湾を統治してからは、安平の人々は自宅の前に掛けるのは「獅面」から「剣獅」になり、鄭成功を記念しました。  

 

剣獅について

剣獅について

1.伝説では剣獅から見て、右から左への方向に剣を置くと魔除けの意味がある。
2.左から右への方向に剣を置くと福祈りの意味がある。
3.双剣含む:対抗して戦う意味を表す。これで邪悪を避ける力をさらにパワーアップ。
4.額に「王」の印がある:獅子の王者を象徴し、その威力は半端がなく強い。
5.太極八卦:剣獅の法力を強める。
6.コウモリ:台湾では「蝠」と「福」は同音のため福を招くことができる。
7.剣獅は一家に一つしかありません。

昔は住居番号がなかったので、剣獅で判断しました。 現在は道路を広くして、民家を改築しましたから、剣獅の数は段々少なくなりました。あと数十年すると剣獅はなくなるかもしれません。

 

 

 剣獅を訪れる

 

1. ぜひ日焼け止めを塗って、水分も摂ってください。
2. 時間がなかったら、グリンラインがおススメです。剣獅を見つけやく、所要時間は約一時間から一時間半ぐらいです。
3.時間があれば、レッドラインはおススメです。特別なところで剣獅を発見することができますし、古い民宅も見ることができます。必要な時間は約一時間から3 時間くらいかかります。

 

 

 

 

 

 

Leave your comments

Post comment as a guest

0
terms and condition.

Comments