牡蠣オムレツ / 蚵仔煎


牡蠣オムレツは中国の広東潮汕地域から伝わった料理です。作り方は牡蠣を鉄板に載せ片栗粉を水に溶いてかけます。そして卵と野菜(レタス、小白菜、空芯菜、もやしやバジルなど)をのせて出来あがりです。そこに特製ダレをかけて食べます。台湾ではどの夜市に行っても食べられます。


水に溶いた片栗粉の硬さとタレの味は店によって違います。その店独特のタレは台湾風のとろみ醬油、ケチャップ、甜辣醤(台湾甘辛口ソース)と豆板醤(トウバンジャン)で作られます。また各店は自慢の特製タレを使用しますので店によって味が違います。

台湾の名物料理の牡蠣オムレツはどの夜市で食べられます。牡蠣オムレツだけではなく、牡蠣の代わりにほかの海鮮を入れたカニオムレツ、イカオムレツ、エビオムレツなどもあります。一番シンプルなのは海鮮が入ってない卵オムレツです。